Buff's New York

buff.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 06日

スーパーリッチ

週末のNY Timesに掲載されていた記事に、米国内では貧富の差が一段と拡大して来ているが、単なるリッチとス-パ-リッチとの間でもその差が大きく拡大して来ている様だというものがあった。簡単に内容をまとめてみると:
最も直近なデ-タは2002年分であるが、それによると
納税者のトップ0.1%=14.5万人は年収が最低でも$160万(1億7千万円強)もあり、平均年収は$300万(3億2千万円強)となっていた。
しかし、これらトップ0.1%の1980年度での平均年収は$120万でしかなく、インフレ調整後で2.5倍も増えている。言うまでもないが、このグル-プの年収が最も大きく伸びて来ているのである。
純資産レベルを見てみると2001年度で$10mil(10億7千万円)以上を越えていた世帯数は33万8400世帯となっており、1980年時と比較して(インフレ調整後ベ-スで)400%も増加している。
ちなみにこの期間中に全米で増えた世帯数はたった27%でしかなく、いかに資産が一部の
スーパーリッチに集中しているかがうかがえる。
2000年時点で年収が最低でも$87milあった納税者が所得税、メディケア税、ソ-シャル・
セキュリティ-税などに払う税率はブッシュ減税法により年収$5万~$7万5千間の納税者と
同じ比率となっている様でもある。
★年収が$10mil強の納税者は、年収が$10万~$20万の納税者と同じ税率しか払っていない。

先日発表された日本の高額納税者番付では1位の納税額が11億4千万円で推定所得33億円、推定所得10億円以上の人は56人となっており、これだけ見るとなかなかと思うが、いったいアメリカの一番のスーパーリッチはいくら稼いでいるのだろう。想像もできないほどケタ違いなんだろうなあ。
しかもそのスーパーリッチを優遇するブッシュ減税法。強い者はより強く、というアメリカの文化を垣間見るものだ。


人気blogランキングへあんまり真面目に考えてるとばかばかしくなるからね~
[PR]

by buff_1 | 2005-06-06 10:15 | Diary


<< オイスターソース      週末 >>